株式会社sumarch

RECRUIT

ワーキングマザー対談

ワーキングマザー対談

Q.産休に入る前の仕事は?

藤村1度目の産休時はインテリアコーディネーターグループのリーダーとして働いていました。

久田1年目、2年目は藤村さんのもとでインテリアを学びました。3年目からは設計へ異動となり、リーダーとして働いていました。

井上担当のお客様を持たせていただき、インテリアコーディネーターとして働いていました。

マネージャー対談

Q.産休育休に入る時に不安だったことはありますか?

藤村当時、産休育休を取得するのがsumarchで私が初めてでした。制度としてまだまだ整備されていない状況の中で、会社も産休育休制度を整えていくところが大変だったと思います。

久田産休に入る直前まで担当のお客様がいたので、引継ぎがしっかりできるかが不安でした。設計から申請までは自分でやっても、現場を見に行くことができないので……あとは育休明け、チームに馴染めるかなという不安や、子供を保育園に入れられるかなどの不安がありました。

井上不安としては毎日忙しく仕事をする中で、体調面や精神面が胎児に影響ないかが不安でした。

久田どうしても打合せなどで車に乗る時もあるので、長距離の運転なども不安に思いましたね。

藤村業務を調整して、休憩時間を確保できたのが良かったと思います。

井上國廣部長(HOLIDAYS事業責任者)はそういう気遣いをしてくれますよね。女性の働き方についてすごく理解があると思います。働きやすさを第一に考えてくれていますね。

ワーキングマザー対談

Q.復帰後の働き方はどうですか?

藤村私は、最初のうちは時短制度が無かったので、普通に働いてました。役職もありましたし、インテリアコーディネーターという仕事自体がが好きだったので。ただ、休日保育や両親の協力あって続けられたと思っています。

久田育休明けは時短勤務という事もあり、裏方の設計業務をしています。設計職としてのお客様との打合せは無いので、やりがいは減ったかなと思いますが、実施設計のリーダーとして、チーム全体のフローが円滑に回るように注力しています。現在は、在宅ワークをしているので、チームのメンバーとコミュニケーションを取りづらい部分もありますが、子どもの事を考えた時に在宅ワークという働き方の選択肢があるのは嬉しいですし、今後もその制度を確立させていきたいと思っています。

井上復帰当初は担当のお客様を一切持たずに、積算業務等の事務作業をしていましたが、仕事に対する物足りなさを感じていました。インテリアは流行りがあるので一回離れてしまうと流行をキャッチアップしていくのは大変ですから、今は少しずつ担当のお客様を持たせてもらって、インテリアにも携わらせてもらっています。

ワーキングマザー対談

Q.復帰前後で仕事はサポートしてもらえましたか?

藤村みんな嫌な顔をせずに引継ぎもしてくれて、一緒に働く仲間にとても恵まれていると感じます。妊婦さんや産後のママに暖かく接してくださり、みんないい人でありがたいです。

井上上司にあたる方々がお子様がいらっしゃる方ばかりなので、土日にお休みをいただたり、子供の風邪などで急に休むことになっても理解していただいています。

久田お子様がいらっしゃるパートさんもいて、子育てと仕事を両立する大変さを共有できるのもありがたかったですね。

井上藤村さんの産休から会社として制度の確立がされたので、産前産後もとても働きやすいです。

ワーキングマザー対談

Q.最後に就職活動中の女性に対してのメッセージをお願いします。

井上この業界としては珍しいですが、女性が多い会社なので、女性にとっては働きやすい環境だと思います。

藤村年の差があっても、いい意味で何でも言い合える風通しが良い雰囲気がありますね。みんなまじめで、お互いが信頼し合える職場環境だと思います。

久田社員の意見を取り入れてくれる事が多いので、より働きやすい環境になるよう会社全体でバックアップしてくれます。

人事sumarchにはワーキングマザーが働きやすい環境があるので、ぜひを検討してみてください!

特別対談

SPECIAL TALK

株式会社sumarch採用サイトの「職種紹介ページ」です。不動産売買、注文住宅、分譲住宅、リノベーション、リフォーム、駐車場管理と、幅広い事業を展開している当社では営業系職種、建築系職種、IT系職種のスタッフがお互いに協力しあいながら働いています。職種紹介ページでは各職種の主な業務内容や仕事の流れ、やりがいについて紹介しています。愛知県で不動産業界・建築業界への転職・就職をお考えの方は是非ご覧ください。

Join Our Team

中途募集職種一覧