若山 加奈

流通事業部
営業アシスタント

#15 若山 加奈 WAKAYAMA KANA  /  リーダー

愛知大学 国際コミュニケーション学部卒業 /  2016年入社

カリスマ性だけでなく、どこか親しみが湧いてくるような雰囲気に魅力を感じました

会社説明会で感じたのは代表のカリスマ性。それだけはでなく、どこか親しみが湧いてくるような雰囲気や、風通しが良く年次に関係なく意見を出し合える環境にとても惹かれました。また、若くから活躍している先輩社員がたくさんいたため、自分もそんな会社で働きたいと強く思いました。

仕事のやりがい・面白みは何ですか?

お客様がご覧になるポータルサイトへの掲載も営業事務の仕事の一つですが、掲載時に「どうすれば魅力的に見えるか」など、一生懸命考えて取り組めば取り組むほど反響数が増えて、それによってお客様が物件を購入されていく姿を見るととても嬉しいです。また、自分が提案したサービスや企画が、営業アシスタントという立場や年次に関係なく、良いものであればどんどん採用されていく環境はやりがいを感じます。

思い出に残っている仕事のエピソードは?

他社で長期間売れていなかったお家を持つ売主様が、その販売をハウスボカンに切り替えて任せて頂くようになり、営業スタッフと一緒にポータルサイト等へ掲載する写真の撮り方や、細かい設備等の説明文を一生懸命考えて掲載した結果、すぐに反響が来て、ものの半月で成約が決まった時は「何を売るか」ではなく「どうやって売るか」がいかに大事かを改めて感じさせられました。また、成約が決まった知らせを聞いた時の売主様の本当に嬉しそうな顔が忘れられません。

どんな人に向いている会社だと思いますか?

好奇心旺盛で早くから活躍したい人にはとても理想的な環境があると思います。それだけでなく「周りの仲間と共に成長」をしたい人には特に向いていると感じます。私も日々向上心をもって仕事に取り組んでいるつもりですが、時には壁にぶつかったり、挫けそうになる時もあります。そんな時にいつも支えてくれるのが同じ会社で働く「仲間」です。お互いに働く仲間を大切にし、切磋琢磨をしていく楽しみがここにはあります。

これから仕事を通してやり遂げたいこと、 目標やビジョンを教えてください。

風通しの良い社風を自分自身が活かせるよう、配属されている店舗だけでなく、他店舗の改善点等も含めて営業アシスタント目線からも業務改善を積極的に行っていきたいと思います。また、営業アシスタントも若い社員が多いですが、結婚や出産など、女性ならではの課題やライフプランに対して、会社としてより働きやすい環境を、自分自身が当事者となって整えていければと思います。

仕事で大変だったことはありますか?

不動産業界ということもあり、専門用語も多く、配属直後はとにかく仕事を覚えることに精一杯でした。しかしこの会社は、社員はもちろんのこと、パートの方々も皆優しく、多くの業務をまわりの方々にサポートして頂きながら乗り越えることが出来ました。また、分からない言葉や知識は先輩社員からも優しく教えて頂け、今では入社時に目標だった宅地建物取引士の資格も取得することが出来ました。

就活中の会社選びの軸は何でしたか?

まずはちゃんと「長く働けるか」という点を大事にして、そのためにも毎日を過ごすうえで重要となってくる、「会社の雰囲気」が自分に合うかどうかを軸として、不動産や金融、旅行会社を中心に幅広く会社を見ていました。

就活中・転職中の方へのメッセージ

私は自分の気持ちを言葉で表現するのが上手ではなく、面接で悔しい思いをすることもありました。しかし、こうして念願の会社で働けています。不器用でも熱い気持ちがあれば、耳を傾けてくれる会社です。
熱い気持ちを持った皆さんと一緒に働けるのを楽しみにしています!