渡邊 勇太

流通事業部
不動産コンサルタント

#11 渡邊 勇太 WATANABE YUTA  /  営業リーダー

愛知大学 経営学部卒業 /  2017年入社

社員全体で新しいビジネスを創造する。

不動産仲介、注文住宅、リノベーションとワンストップサービスで提案できる当社の強みを最大限に活かし、新たな商品・サービスの展開を積極的に提案する役割を担ってきたいと考えています。営業メンバーの先頭に立って個人の営業スキルを磨きながら、人よりひとつでも多く学びたいという気持ちを忘れず、率先して新たな知識を取り入れ、それを後輩に伝えていきます。社員全員で好奇心や成長意欲を持って仕事に取り組み、新しいビジネスをどんどん作っていきたいです。

仕事のやりがい・面白みは何ですか?

土地、戸建、マンション、注文住宅、リノベーションと幅広い提案ができるのが当社で不動産仲介を行う面白みだと思います。例えば、注文住宅だと予算的に厳しい場合でも、リノベーションをご提案させていただくことで、ご希望を叶えられるケースもあります。お客様が何を求めているのかをいち早く察知し、諦めていた案件でも角度を変えてご提案が出来ればご満足いただける結果に繋がることもあります。提案次第で、お客様の満足度を何倍にもできる点にとてもやりがいを感じます。

思い出に残っている仕事のエピソードは?

やはり「初契約」です。入社後すぐに接客させて頂いたお客様で、何度もお話をさせて頂きご購入を決めて頂きました。入社直後ということもあり、不動産知識が乏しく何度も店長や先輩方に相談し、同席して頂きました。「どうしたらお客様の不安を軽減できるのか」「どうしたら物件の魅力を伝える事ができるのか」を何度も話し合った記憶が今でも鮮明に残っています。無事に不動産の引渡しが終わり、ご実家の売却のお手伝いもさせて頂きました。また、そのお客様がお知り合いを紹介してくださり、一人のお客様から輪が広がり、紹介を頂ける喜びを感じる事もできました。

どんな人に向いている会社だと思いますか?

「好奇心を持って仕事に取組み、誰よりも成長したと思っている人」が会社にあっていると思います。仕事の幅も1年目だからと言って決められている訳ではなく、人よりひとつでも多く学びたいという気持ちさえあれば、仕事の幅はどんどん増えていきます。

仕事で大変だったことはありますか?

不動産仲介は、不動産知識はもちろんの事、住宅ローンや税金等の幅広い知識が必要です。会社全体で開催される勉強会に参加したり、自身で役所、税務署、司法書士など相談できるところに何度も足を運び、知識を付けていきました。知識を増やしていく事は簡単ではありませんでしたが、先輩方がいつでも相談しやすい環境を作ってくれていた為、どんな些細な事でも相談できました。親身に一緒に考えてくれる環境だからこそ乗り越えてこれたと思います。

就活中の会社選びの軸は何でしたか?

私の会社選びの軸は「成果主義」「会社の成長性」です。住宅メーカー、自動車ディーラー、商社、銀行、食品メーカーなど業種・職種を限定することなく幅広い業界の選考を受けました。働いている社員の方に積極的に面談する機会を頂き、会社の雰囲気、商品力・技術などの他に会社に熱い思いを持って働いているかなど魅力的に感じた会社の選考を受けていました。

就活中・転職中の方へのメッセージ

就職活動は簡単ではありません。面接で失敗をしたとしても改善点を探し、それを経験として学んで次に活かせば、それは失敗ではなくなります。改善点のフィードバックを繰り返しながら少しずつ経験を積み上げていけば道は必ず開けてきます。つまずくこともあるかもしれませんが、諦めずに頑張ってください。応援しています。