林 拓哉

リノベーション事業部
施工管理

林 拓哉 HAYASHI TAKUYA / マネージャー

京都建築大学校 卒業 /  2014年入社

チャレンジできる環境を求めて

枠が決まった仕事内容に満足できず、自由度の高い仕事が出来る会社を求めて転職活動を始め、「幅広い知識を身に付けられる」「チャレンジできる環境がある」を軸に会社選定をしていました。転職活動当時はリノベーションというものがまだ市場にそこまで広まっていない中、sumarchでは将来性を見据えていち早くリノベーション事業を展開していました。その中で若手社員が中心となって事業の立ち上げ、ブランディングを行っている姿から、会社が社員のチャレンジに対して前向きに捉えてくれるんだと感じ入社を決めました。

仕事のやりがい・面白みは何ですか?

リノベーションは既存の建物をベースにしなければならないため、全く同じ工事はありません。リノベーションを行う際にはデザインだけでなく、耐久性・断熱性・躯体の状態など、様々なことを慎重に考慮しながら、提案・設計・施工を進めていきます。その為、非常に多くのことを学ばなければなりませんし、その時々に合わせて臨機応変な対応が求められます。難しいことも多くありますが、その反面達成感も大きく、やりがいを感じます。

思い出に残っている仕事のエピソードは?

入社すぐの頃は営業から施工まで一人で担当していたため、初めてリノベーション案件に携わらせていただいた時は慣れない部分もあり、試行錯誤の繰り返しでした。その中で少しでもお客様のご希望にあったご提案ができるように努めました。お客様に寄り添い、ご提案をさせて頂いた結果、大変喜んで頂いたことは今後の自信にも繋がりましたし、今でも強く印象に残っています。

これから仕事を通してやり遂げたいこと、 目標やビジョンを教えてください。

個人の仕事だけではなく新ブランドの構築などKULABOのブランド力を今より高め、『KULABOでリノベーションをしたい!』と一人でも多くのお客様に思っていただけるブランドにしていけたらと思います。また、今後は建築業だけでなくイベント業など多岐わたる組織作りをしていきたいです。

仕事で大変だったことはありますか?

前職では新築住宅を担当していた為、リフォーム・リノベーションの知識が乏しく、お客様へのご提案が上手くいかないことがありました。先輩社員・現場の職人さんたちに相談し、自分の提案の引き出しを少しずつ増やしていくことによりお客様に寄り添ったご提案をすることができるようになりました。