伊藤 梨乃

新築住宅事業部
施工管理

伊藤 梨乃 ITO RINO

中部大学 工学部 建築学科卒業 /  2018年入社

自分の成長がカタチに現れる。それが施工監督の面白さの一つ。

施工管理の仕事は決して楽な仕事ではないですが、その分やりがい、達成感が大きく、常に自分を成長させることができ、その成長が一目でわかる仕事だと思います。職人さんたちと細かい納まりを考え、安全や工程を管理しながら様々な職人さんたちとコミュニケーションを取り一つのお家を作り上げるというのは、とても面白く何よりも完成した時の達成感が大きいです。

思い出に残っている仕事のエピソードは?

初めて一人で担当したお客様にお引渡しをした際、お客様だけでなくチームの設計士、インテリアコーディネーターのスタッフも含めて、全員に大変喜んでいただけたことがとても嬉しく思うと同時に自分の仕事に対して、やりがいや責任感がより一層強くなった瞬間でした。

どんな人に向いている会社だと思いますか?

とにかく明るく、前向きに笑いながら働きたい方に向いている会社だと思います。上下関係もあまり感じさせないような職場なのでやりたいことに耳を傾けてくれる環境があります。仕事の幅が広いので、設計、施工など、いろんな事に挑戦したい方に向いている会社だと思います。

これから仕事を通してやり遂げたいこと、 目標やビジョンを教えてください。

施工管理という仕事は、極めるには何十年とかかる職業です。少しでも多く知識や経験を積むことができるように、現場管理の技術を先輩たちから学び、正しい判断、指揮が取れるよう常に勉強していきたいです。

仕事で大変だったことはありますか?

入社して、1年間ジョブローテーションをさせていただきました。その中で、自分がどの部署を担当したいかを考えることがいい意味で非常に大変でした。その中で、現場監督という部署を選択しましたが、女性の少ない現場なので当社は不安もありましたが、先輩社員から助言をたくさん頂き成長できました。

入社を決めた理由は何ですか?

説明会でいろいろな話を聞いていく中で、ほかの建築会社と比べ社員同士の仲の良さに惹かれました。いい意味で先輩後輩の壁がなく、コミュニケーションが取りやすいと感じました。この会社でならば、自分の力が発揮できると確信しました。

就活中・転職中の方へのメッセージ

施工管理の仕事は決して楽な仕事ではないですが、その分やりがい、達成感が大きく、常に自分を成長させることができ、その成長が一目でわかる仕事だと思います。 一緒に成長し、素敵な現場監督を目指しましょう!